国立大学法人 豊橋技術科学大学 研究推進アドミニストレーションセンター

文字サイズ
文部科学省 先端研究基盤共用促進事業

ホーム > 先端研究基盤共用促進事業 新たな共用システム導入支援プログラム

先端研究基盤共用促進事業新たな共用システム導入支援プログラム

事業の概要

本学は、文部科学省「先端研究基盤共用促進事業(新たな共用システム導入支援プログラム(平成29~31年度)」に採択されました。

本事業では、学長のリーダーシップの下、研究推進アドミニストレーションセンター(RAC)技術科学支援室を共用システムの統括部局とし、エレクトロニクス先端融合研究所(EIIRIS)とベンチャー・ビジネス・ラボラトリー(VBL、通称LSI工場)の機器を対象とする共用システムを導入します。

新規に雇用する事業専属の技術支援員を中心に、大学内に散在する機器(分析計測機器、半導体デバイス関連機器)をEIIRISに集約し、一元的な管理・共用化に取り組みます。いずれの機器も「エレクトロニクス先端基盤技術分野(センサ・LSI、フォトニクスデバイス)」と、それを用いて研究を展開する「先端的応用分野(ライフサイエンス、医療、農業科学、環境、情報通信、ロボティクスなど)」、又はその両方の融合をテーマとした研究に必要な汎用のものです。

これらの機器を全学的に共用するほか、高専や企業等の学外者にも開放し、さまざまな分野の研究者が参加する異分野融合研究を推進します。

具体的には、以下のような取組みを行います。

  1. 機器の再配置・更新再生
    技術支援員による共用機器の一元管理、遊休機器の再生
  2. 共用システムの構築・導入
    共用機器データベースの公開、共用ルールの策定、予約システムの構築・改善
  3. 技術支援職員の配置・育成
    専門技術支援員の配置、技術支援員のスキルアップのためのトレーニングの実施、ユーザー向け機器講習会の開催、個別技術相談の実施

[初版作成]2017.09.31 / [最終改訂]2017.11.10

ページトップ