国立大学法人 豊橋技術科学大学 研究推進アドミニストレーションセンター

文字サイズ
新着情報

ホーム > 新着情報 > お知らせ > 4月19日(木)英語論文執筆のための研究メソッド―インパクトファクターを超えて―を開催しました

4月19日(木)英語論文執筆のための研究メソッド―インパクトファクターを超えて―を開催しました

  • お知らせ
  • 2018年04月26日掲載

4月19日(木)、「英語論文執筆のための研究メソッド―インパクトファクターを超えて―」と題して、講演会を開催しました。

クラリベイトアナリティクス社学術情報事業ソリューション部の辻様に、Web of Scienceはじめ、Essential Science IndicatorやJournal Citation Report等、クラリベイト社が提供する様々なデータベースの効果的な使い方をご講演いただきました。実際の研究の様々な場面において、これらのデータベースが有効に活用できること、インパクトファクターの正しい活用法などをご説明いただき、内容の濃い講演会となりました。

また、本講演会はインターネットによる同時中継を行い、研究室や居室等、どこからでも視聴できる環境を整えました。当日は、同時中継の申込者47名、講義室での聴講者32名となり、大変多くの教員や学生の皆さまに聴講していただくことができました。当日の配布資料はこちらからダウンロード可能です。


プレスリリース-EurekAlert!を用いて-

  • 学内研究者の方へ
  • 研究論文英語校正と英語プレゼンテーション指導申込フォーム
  • 文部科学省 先端研究基盤 共用促進事業
  • e-Newsletter
  • 文部科学省
  • 国立大学法人 豊橋技術科学大学

ページトップ