国立大学法人 豊橋技術科学大学 研究推進アドミニストレーションセンター

文字サイズ
センター概要

ホーム > センター概要 > スタッフ > 大石 和彦(Kazuhiko Oishi)

大石 和彦(Kazuhiko Oishi)

大石 和彦(Kazuhiko Oishi)

産学連携マネージャー
経歴 1976年大学卒業後、金融機関に勤務。25年間にわたり、営業から企画、総務、人事研修まで幅広い業務に従事。特に起業家支援やIPO(株式公開)業務を通して企業評価、技術評価、市場性評価を経験。2001年独立してコンサルタント業を起こす。2004年4月豊橋技術科学大学知的財産・産学官連携本部知財連携マネージャー兼豊橋キャンパスイノベーション(とよはしTLO)取締役に就任。2015年4月から現職。2015年8月代表取締役に就任。

産学連携に関するご相談 何でもお受けいたします

産学連携推進室と知的財産管理室の両室員9人の連携を密にするためのパイプ役として、またRACセンター長や各室長、関連する部署との調整役も担っています。学内・学外を問わず、あゆる問い合わせ窓口としての機能も求められ、“よろずや(万屋)大石”と自負しています。2004年から産学連携に携わって12年間、大学と産業界や地域社会とを結ぶ架け橋となることを目して、企業からの技術相談窓口や、本学の研究成果を紹介する各種展示会、技術交流会などの企画運営を担当してきました。ベンチャー創出、新事業展開や経営支援なども得意とする分野です。一貫して企業目線で産学連携に携わってきましたので、これまで構築してきた研究者および企業、他大学、行政、支援機関などとのネットワークを活用して、産学連携に関するご相談には何でもお受けいたしますので気楽にご連絡ください。

研究戦略室の取り組み

ページトップ