国立大学法人 豊橋技術科学大学 研究推進アドミニストレーションセンター

文字サイズ
センター概要

ホーム > センター概要 > スタッフ > 藤原 久(Hisashi Fujiwara)

藤原 久(Hisashi Fujiwara)

特定教授
准シニアURA
経歴 1984年豊橋技術科学大学大学院工学研究科修士課程(電気・電子工学専攻)修了、同年NECに入社しマイクロコンピュータLSIの設計開発に従事。その後NECエレクトロニクス、ルネサスエレクトロニクスにて、主に車載用の超高品質マイコンの企画・開発から生産・品質管理までのトータルマネジメントを担当。2012年6月豊橋技術科学大学に科学技術コーディネーターとして着任。2013年4月特任教授、2013年12月から現職。

研究大学強化促進事業を通じて本学をさらに輝く大学に!

着任してまだ1年にも満たない頃、本学が、文部科学省の大型事業である「研究大学強化促進事業」に応募申請する資格を得たとの情報が入りました。この事業は、世界水準の優れた研究活動を行う大学や国立研究機関を増強し、我が国全体の研究力の強化を図るために、研究マネジメント人材としてのURAの確保や研究力強化の取り組みを支援することを目的としたもので、事前に選定された機関だけが応募できるものでした。本学のこれまでの研究活動が評価された結果、ノミネートに至ったのです。さっそく事業の採択に向けたワーキングチームが結成され、「研究力強化実現構想」をつくり上げることになりました。そして、私もその一員として関わることになりました。今思えば大変な作業でしたが、大学の将来を真剣に考えるよい機会になったと思います。

この努力が実り、本学は全国22機関の1つとして「研究大学強化促進事業」に採択されました。それを受けて、私自身も本学の歴史上初めて配置されたURAの1人になりました。URAとしての仕事は多岐にわたっており、研究力強化に資する全学的事業の応募申請および採択後の運営、大学間のネットワークなどを活用した情報収集と情報発信、国内外の研究機関・企業との共同研究プロジェクトの企画、広報紙RACニュースの企画と制作、URAの人材育成、コンプライアンス管理などです。この大学がより輝く存在となるためには何をしたらよいのか、日々考えながら活動しています。

研究戦略室の取り組み

ページトップ