国立大学法人 豊橋技術科学大学 研究推進アドミニストレーションセンター

文字サイズ
センター概要

ホーム > センター概要 > スタッフ > 生田 始(Hajime Ikuta)

生田 始(Hajime Ikuta)

科学技術コーディネーター  
経歴 1976年大学卒業後精密部品メーカー入社、工場長、製造部長を歴任。2004年〜2012年TLOコーディネーターとして大学知財の技術移転に従事。2006年〜2012年あいち産業振興機構で技術担当マネージャーとしてものづくり分野の中小企業の総合的支援に従事。2012年から現職。

産学連携マッチングで「知」を「価値」に「明日に架ける橋」となる

企業在籍時には、主に金属切削加工など、ものづくり技術に携わり、またその後のあいち産業振興機構ではマネジャーとして、中小企業の技術相談への対応、国や県の補助金などの公的資金の獲得支援を行い、企業の新しい活動や現場の課題解決の支援に取り組んできました。現在は、特許などの知的財産の相談対応や出願管理の比重が高くなっていますが、意識の上では、企業との接触を大事にすると同時に、あらゆる場面で、ニーズの把握に注力しており、研究者のシーズとのマッチングを目指し活動しています。

具体的には、現在、地域の自動車分野の大手企業や大手工具メーカーとの連携を進めていますが、これも企業在籍時の技術面での経験や、あいち産業振興機構での100社を超える企業との接触などが、役立っていると感じています。

最後にTLOを通じて本学で取り組んだ大型補助事業の実績2つを挙げます。①平成17年度経済産業省委託事業「中小企業産学連携製造中核人材育成事業」で環境・生命工学系の教員と共同申請を行い、採択されて「環境管理者育成塾」を創設、②平成20年度経済産業省委託事業「産学連携人材育成事業」農商工連携分野で先端農業バイオリサーチセンターの教員と共同申請を行い「ニューアグリビジネス農商工連携人材育成事業」として採択されて事業を展開しました。

研究戦略室の取り組み

ページトップ